1. トップ >
  2. 財団の活動

財団の活動

サイバーセキュリティに関する研究・開発に対する助成支援

応募条件 おおむね、1年未満で研究・開発が可能なプログラムで、将来の情報セキュリティ社会に貢献出来る可能性が大きいと認められるもの。
支援内容 ・助成金(年間最大240万円まで)
・技術スタッフのチーム編成
・技術顧問への相談

応募方法及び支援開始までの流れ

  1. 所定の応募フォーム(申請書)に企画概要をメールフォームにて送信
  2. 事務局で企画概要を精査(情報セキュリティに有益な製品化可能か?など)
    *ここまでが、一次審査です。審査通過の案件は次ステップへ進みます
  3. 一次面談・プレゼン(財団本部)*二次審査
  4. 技術審査部による協議(技術審査)及び、事業審査部による協議(コンセプトモデル審査)
  5. 採用決定
  6. 合格通知送付
  7. 二次面談(支援内容説明及び支援契約書調印)
  8. 支援開始(助成金支給及び技術支援開始
  9. 製品完成
  10. 製品普及支援

応募するにはまず技術者支援(CSE)会員登録が必要です。

会員登録ページへ

ICT教育・イベントに関する助成

当財団ではICT教育やイベント(個人レベルのハンズオン式の勉強会や情報セキュリティに関する小規模セミナー等も含む)に対して少額の助成支援を行っています。
例えば技術向上勉強会の会場費用の助成支援や幼児や学生向けのサイバーセキュリティ学習の為にPCの提供など様々なご要望へ柔軟に対応させていただいております。
助成支援金額の決定や支援期間(単発・長期継続的)は個別にご相談の上決定致します。
こちらの助成支援に関しましてはお申し込みから決定・実行までスピーディーな対応を心がけております。
お気軽にお問い合わせください。

応募するにはまず技術者支援(CSE)会員登録が必要です。

会員登録ページへ